スリーメール配信マニュアル

配信リストの作り方

  • csv形式のファイルは Microsoft Excel 等で作成できます
    • セルの中に改行が含まれないようにご注意ください。
      改行が含まれている場合、行数にずれが生じます。
  • 圧縮は以下の方法を使うと便利です。
    • Windowsの方 CSVファイルを右クリック → 送る → 圧縮(zip形式)フォルダ
    • Macの方 CSVファイルのコンテキストメニュー → 「...のアーカイブを作成」

作成の手順

ここでは、Microsoft Excel を使った場合の作成手順を説明します。

CSVファイルの作成
CSVファイルの作成

  1. 配信するメールアドレスを、1行につき1アドレスになるように並べます
  2. 「ファイル」→「名前を付けて保存」から、「ファイルの種類」の欄で
    「CSV(カンマ区切り)」を選択して保存してください。(例としてlist.csvとします)
  3. 作成したcsv形式のファイルをzip形式またはgzip形式で圧縮してください。
    • Windows XP等の場合、list.csv の選択して右クリック→「圧縮」→「.zip」でzip形式で圧縮できます
    • Mac OS の場合は、CSVファイルのコンテキストメニュー→「...のアーカイブを作成」でzip圧縮ができます
  4. 以上で完了です

高度な配信を行う場合

メールアドレスの右側のカラムに氏名などの情報を追加することにより、本文中に差し込みを行うことができます。

差し込み行う場合
差し込み行う場合

  1. メールアドレスの右側に、氏名や部署などの情報を並べて記述します。
  2. 上の手順と同様にcsv形式で保存し、zipまたはgzip形式で圧縮してください。
  3. 配信リストをアップロード後、本文に「$val2、$val1様」と記述すると、メール内では「社長室、田中花子様」のように展開されます。
    ※ A列 → $val0、B列 → $val1、C列 → $val2 のように対応します。

テキストエディター等から直接CSVファイルを作成する場合

文字コードはShift_JIS、改行コードはCRLFで作成してください。

前のページへ戻る