スリーメール配信マニュアル

基本的なメール配信の手順

毎月のニュースを配信する想定で、配信の手順をご説明します。

配信前の準備

最初に、メール配信に必要なものを準備します。

今回は下記を準備しました。クリックでサンプルが閲覧できます。

配信リストはzip、もしくはgzip形式で圧縮する必要があります。

ログイン

スリーメールへログインを行います。

高速メール配信サービス、スリーメール、ログイン

ログイン

登録済みのアカウントを用いログイン画面からログインします。

  • アカウントをお持ちで無い方は、試用登録を行ってからログインしてください。
  • パスワードがわからない場合は、リマインダーをご利用ください。メールにてパスワードが送信されます。

関連リンク: 試用登録時の制限

配信先リストのアップロード

配信リストをアップロードします。

配信先リストのアップロード

アップロード

画面上部のナビに進行状況が表示されます。

  • 圧縮した配信リストを選択し、アップロードしてください。
  • 参照ボタンを押し、ダイアログを開いてファイルを選択します。
  • エラー回数はほとんどの場合、3回のままで問題ありません。
  • リターンメールについてもご参照ください。

「次へ進む」ボタンで次へ進みます。

配信先キャリアの設定

リストの中から配信ターゲットを選択します。

 配信先キャリアの設定

ターゲットの選択

一般のアドレスと、携帯キャリアが自動判別されます。

  • 配信したいキャリアをチェックしてください。
  • 複数キャリアに同時に送信する場合は、複数チェックしてください。
  • キャリア名をクリックすると、配信リストをダウンロードできます。

「次へ進む」ボタンで次へ進みます。

関連リンク: 配信リストの作り方リターンメールについて

件名、本文を設定

メール内容を編集します。

件名、本文を設定

件名、本文を設定

入力内容はテスト配信後にも修正できます。

  • 件名、本文、Fromアドレス(送信元メールアドレス)、Fromテキスト(差出人の名前)、Reply-to(返信先)、Return-Path(エラーの戻り先)を入力します。
  • ドコモの場合、返信先はつねにFromとなりますのでご注意ください(ドコモ端末の仕様です)。
  • Return-Pathはほとんどの場合、自動リターン集計をチェックしてください。詳しくはリターンメールについてをご覧ください。
  • 件名や本文中に「$val1」のように記述することで名前等の差し込みができます。詳しくは配信リストの作り方をご覧ください。
  • 高度な配信については、関連リンクをご確認ください。
関連リンク:HTMLメールの配信についてデコメの配信について絵文字の入力についてクリックカウントの取得について開封率の取得について

配信日時の設定

いつ配信するかを設定します。

配信日時の設定

配信タイミング

指定したタイミングで自動的に配信されます。

  • 「日時予約」を選択すると、指定した日時に配信が始まります。
  • 「今すぐ配信する」を選択すると、配信設定が全て完了した後、即座に配信されます。設定完了後にキャンセルはできませんのでご注意ください。
  • 配信中にキャンセルした場合は、途中で強制的に配信が止まります。
  • 配信の予約は、予約状況メニューから確認できます。詳しくは予約状況の確認をご参照ください。

関連リンク: 予約状況の確認

配信テスト

テスト配信で確認を行います。

配信テスト

配信テスト

実際の配信の前に、テスト配信を行って、内容を確認します。

  • メール内容の修正は、上部ナビをクリックすると行えます。
  • できるだけ複数人で確認しましょう。

配信設定の完了

最終確認を行い、設定します。

配信設定の完了

  • 問題のある箇所は、上部ナビから戻って修正できます。
  • 設定が完了すると、予約状況メニューに予約として表示されます。
  • 配信が完了すると、配信履歴メニューに履歴として表示されます。
  • 送信が終了すると、データベースから配信リストは削除されます。
    • 配信履歴からも確認できません(APIを使用し、独自に保存するシステムを構築する事はできます)
    • システムメールログは3ヶ月で自動削除されます。
    • エラーメールアドレスはデータベースに保存されます。
  • 送信開始前および送信完了後に、Fromアドレスとして設定した宛先へ、送信通知および送信完了通知メールが送信されます。

以上で配信操作は完了です。お疲れ様でした。

関連リンク:予約状況の確認配信履歴の確認

前のページへ戻る