僕が初めてインターネットの世界に触れたのは1994年の頃だったと思います。大学のコンピュータルームのサーバー機でネットに触れ、プログラムを書いたり、ゲームを作って遊んだりしていました。当時と比べると、インターネットも随分と様変わりしてきました。ユーザーの志向も変化し、ネット上のコンテンツもかなり変化したように思います。
「より高速に、便利に、リッチで安く、楽しく、新しいものを」というユーザーの要求は尽きることを知りません。
スリーハンズが提供するサービスを通じて、お客様とそれを利用されるユーザーを結びつけるお手伝いができれば、これに優る喜びはありません。
これからもご支援、ご愛顧を賜りますよう、お願い申しあげます。

スリーハンズ株式会社 代表取締役
手塚誠人